花粉症の市販薬で一番効くのは?即効性で選ぶのか、持続性で選ぶのか

この記事では、市販の花粉症薬選びに困ったときにどれを買えば良いか、ちょっとしたコツを紹介します!

花粉症のお薬って、いろいろ種類がありすぎて、どれが一番よく効くのか分かりにくいですよね。

「これは効くよ」って聞いて飲んでみたら眠くて眠くて・・・。
かと言って、眠くならないっていうのを飲んでみたけど、全然効かなかったし・・・。
という結果になってしまうのはよく分かります。

でも、今まで本当に効いたと感じられなかったのは、お薬の選び方が間違っていたからかもしれません。

この記事に書いている「花粉症薬の選び方のコツ」を実践していくだけで、あなたも効いた!と思える花粉症薬を選べるようになるでしょう。

結論を先に言ってしまうと、アレルギーのお薬には特徴の違う2つのタイプがあるんです。
実は「今すぐ症状を抑える即効性のタイプ」と、毎日飲むことで「症状がひどくならないように抑えてくれるタイプ」があって、それぞれ選び方のコツを知ることで飲んだ時の効き方が全然変わってくるのです。

では、そんなわたし流の「花粉症の市販薬の選び方」について、これから詳しくお伝えをしていきますね。

目次

抗ヒスタミン薬の第一世代と第二世代

セルフケア

抗ヒスタミン薬には、「第一世代」「第二世代」の2種類があります。 それぞれ、効き方や副作用の出やすさなどに違いがあるので説明します。

第一世代:効きが早く効果も高い。その代わり副作用も出やすい

代表的な第一世代薬には、クロルフェニラミンマレイン酸塩やジフェンヒドラミン塩酸塩、ヒドロキシジンパモ酸塩などがあります。

ヒスタミンの働きをブロックする作用があり、即効性に優れるため、とにかく早く効かせたい時におすすめです。

しかし眠気が出やすいために、車の運転や高所での作業などは禁止されています。

また、そのほかの副作用として、口渇といって口や喉の渇きが出たり、前立腺肥大の方はおしっこが出にくくなったりすることがあるため注意が必要です。

即効性タイプ 】効果時間が短いので、1日2〜3回するタイプが主流

即効性タイプは効き目が早く、ズバッと現れるが、作用時間が短いため1日2回や3回服用するタイプが主流です。 また、眠気や喉の渇きが出やすいため、本当に辛い時に使用するのが良いですね。

1位 アネトン アルメディ鼻炎錠

第一世代抗ヒスタミン薬のマレイン酸クロルフェニラミンがくしゃみ、鼻水の症状を速攻ブロック! さらに鼻詰まりを和らげる成分、眠気覚ましに無水カフェイン、鼻アレルギー症状を緩やかに改善する漢方成分も配合。

2位 プレコール持続性鼻炎カプセルLX

第一世代抗ヒスタミン薬のマレイン酸クロルフェニラミンがくしゃみ、鼻水の症状を速攻ブロック! 鼻水の分泌を抑える抗コリン薬、鼻詰まりを抑える成分が2種類でWの効き目。 口、喉の渇きはガマンか。

3位 コンタック600プラス

第一世代抗ヒスタミン薬のマレイン酸クロルフェニラミンがくしゃみ、鼻水の症状を速攻ブロック! 鼻水の分泌を抑える抗コリン薬、鼻詰まりを和らげる成分、ドロドロの鼻水を分解して、鼻粘膜を修復してくれる塩化リゾチーム配合。

4位 パブロン鼻炎速溶錠

第一世代抗ヒスタミン薬のマレイン酸カルビノキサミンがくしゃみ、鼻水の症状を強力にブロック! 鼻水の分泌を抑える抗コリン薬、鼻詰まりを和らげる成分配合。 マレイン酸カルビノキサミンは効き目はいいが、眠気が出やすい。低価格がメリットの薬。

第二世代:副作用が抑えられ、持続性がある。毎日服用するのが効果的

第二世代の抗アレルギー剤であるフェキソフェナジン塩酸塩・エピナスチン塩酸塩・ロラタジンなど、処方せん薬がスイッチされて市販でも購入できるようになりました。 副作用が少なく、効果の持続性が高い薬として登場したのが第二世代というわけです。 第一世代に比べて即効性には劣りますが、「そろそろ花粉を感じるぞ」と比較的症状の軽いうちに飲み始め、シーズン中は毎日服用すると非常に効果が高いです。

持続性タイプ 】飲み忘れが少ない、1日1回タイプ

仕事や外出がちで朝晩飲めない方や、どうしても飲み忘れの多い方は1日1回タイプを選ぶと良いでしょう。

1位 クラリチンEX

医療用の「クラリチン錠10mg」と同成分 非常に眠気が少ないタイプです。

2位 アレジオン20

医療用の「アレジオン錠20mg」と同成分 鼻詰まりを抑える効果も期待できる。眠気は起こりにくいタイプです。

3位 ストナリニZ

医療用の「ジルテック錠10mg」と同成分 眠気は少ないが、上位2つと比べるとやや眠くなるかも。

【 おすすめ 】日中と明け方に効果を発揮する、1日2回タイプ

1日1回タイプだと、後半効き目が落ちてくると感じたり、辛い時間のピークが日中と起床時の2回あるという方は1日2回タイプがベストです。

1位 アレグラFX

医療用の「アレグラ錠60mg」と同成分。 眠気も非常に出にくいタイプ。

2位 ザジテンAL鼻炎カプセル

医療用の「ザジテンカプセル」と同成分 アレグラと比べ眠気は出やすいです。

しかし同じ成分の点眼薬と点鼻薬があるので、全てザジテンで揃えることが可能。

子どもの花粉症には「子ども用」 コンタック600プラスこども用

花粉症の薬、特に第二世代は基本的に15歳未満服用禁止のものが多くなっています。 子どもが服用するお薬は、必ず小児用を選びましょう。 中には一定の年齢以上なら子どもも服用可能な内服薬があるので、必ず年齢に合わせて選ぶようにしてください。

どうしても眠くなっては困るときは

受験勉強や、仕事で運転が欠かせないという方は、眠くなっては困ります。
そんな方には漢方薬という選択肢があります。

小青竜湯エキス

小青竜湯は薄い水のような鼻水に効果があります。 漢方薬でも即効性のある種類なので、イメージするよりよく効きます。

「コスパで選ぶ」という方は

毎日毎日服用するから、薬代が負担に・・・ ジェネリック医薬品と同じように、市販薬にも同成分で違うメーカーのものを選ぶことで値段が変わってきます。 はっきり言って、断然お得だと思いますよ。

アレルビ

アレグラFXと同成分です。倍の量入っても安い。

まとめ:花粉症の薬は病院に行かなくても買える

まとめ-2
  • 抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代の2種類がある
  • それぞれ長所と短所があるので、自身のスタイルに合わせて選択ができる
  • 眠気が出ないのは、漢方薬

上記でまとめた分類で、自分自身にあったタイプを選択することでこのシーズンを乗り切りましょう。
個人的には、1日1回のタイプだと時間が経った時に効きめが切れてきたのを感じるので、1日2回タイプがおすすめです。

実際自分が飲んでいるのもアレグラFXです。

花粉シーズンは外に布団が干せませんよね
そんな季節は布団クリーナーでスッキリしましょう。レイコップProがおすすめ⬇️️️️️️️⬇

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる