市販の花粉症薬ザジテンは飲み薬と目薬・点鼻をセットで使うと効果倍増

疑問
  • 医療のザジテンと市販のザジテンは同じなの?
  • 効き目はどう?
  • 他の花粉症の薬と、どう違うの?

と、どのお薬を選べば良いのか迷っている方にわかりやすくポイントを説明していきます。

なぜなら、僕自身が薬剤師であり、ドラッグストアと調剤薬局両方の勤務経験があるので、実際に上記のような悩みをお持ちの方に接しているからです。

ここでは、実際に医療現場での選ばれかたや、実際に服用してみての感想を踏まえて紹介していきます。

目次

ザジテンの特徴

3つの作用

  ザジテンには大きく3つの作用機序からアレルギー症状を抑制します。

  1. ケミカルメディエーターと呼ばれる、アレルギー症状を起こすヒスタミンやロイコトリエンを溜めてある「マスト細胞」からケミカルメディエーターの放出を抑制する。
  2. 放出されてしまったヒスタミンに対する、抗ヒスタミン作用。
  3. 結膜炎などを引き起こすロイコトリエンに対する抗SRS-A作用。

効き目が早く、鼻詰まりや結膜炎症状にも効くので最強じゃないかと思いますよね。

しかしながら、初期の第二世代抗ヒスタミン剤のため、新しいものに比べるとやや眠気が出やすく、近年医療現場ではあまり処方されなくなりました。

ドラッグストアやネット販売でも購入できますが、てんかんの方や、車の運転や高所の作業などをされる方は服用できません。

  • ザジテンは、3つの作用でくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、結膜炎を抑えます。
  • ザジテンの有効成分ケトチフェンフマル酸は第二世代抗ヒスタミン剤ではあるが、初期のタイプなので眠気が出やすいため条件によっては服用できない。
  • ザジテンは症状を感じ始める少し前から飲み始めることでケミカルメディエーター抑制効果が十分に発揮されます。

他の花粉症薬との違い

ザジテンは内服薬の他に、点鼻薬と点眼薬にも使われています。

「飲み薬だけではこの症状は治りきらないよ」

花粉症あるあるです。目が痒かったり、鼻のムズムズがきつかったりすれば外用剤を使いますよね。

ザジテンの場合は、内服・点眼・点鼻と全て同じ成分のお薬で統一することができるので、非常に効果が高まります。

ただ内服薬は眠気が出やすいという欠点があるため、医療用では内服薬は使われなくなってきたと書きましたが、点眼薬と点鼻薬はまだまだ現役で使われいます。

「これ以外は効かないから毎年先生に出してもらっているの」という根強いリピーターもいるくらいなんですよ。

処方せん薬のザジテンと同成分の市販薬

ザジテンAL鼻炎カプセル

医療用ザジテンと同成分量。

1日2回服用タイプなので長時間高い効果が続きます。

やや眠気が出やすいので、車の運転は避けてください。

20カプセル 約1500円

1日分 約150円

コンタック600ファースト

同じく医療用ザジテンと同成分量のコンタックシリーズ

ザジテンALよりは少し安め。

20カプセル 約1300円

1日分 約130円

ザジテンAL 外用剤

ザジテンAL点眼薬 10ml

10ml 約1100円

ザジテンAL点鼻スプレーα 12ml

12ml  約1800円

まとめ

まとめ-2
おさらい
  • ザジテンは3つの作用からアレルギー症状を抑制する。
  • 早く効くが、眠気が出やすい。
  • 同じ成分の点眼薬と点鼻薬もあるので、全てザジテンで統一すると効果UP。

以前は病院でつかられていたお薬が、今ではドラッグストアやネット販売で購入できるようになりました。

ザジテンを含めた第二世代抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状が出る少し前から服用を始める事で高い効果を発揮します。

お仕事で運転するため内服薬が飲めない方でも点眼薬と点鼻薬のどちらか1つなら使えます(両方の外用剤を併用する場合は運転不可)ので、眠くならない内服薬と併せて使用するといいでしょう。

花粉シーズンは外に布団が干せませんよね
そんな季節は布団クリーナーでスッキリしましょう。レイコップProがおすすめ⬇️️️️️️️⬇

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる