市販薬のアレグラFXの評判 処方薬のアレグラと違いはあるの?

この記事では、

  • 市販薬の「アレグラFX」と処方薬の「アレグラ錠」に違いはあるの?
  • アレグラFXを選ぶメリットや、他の花粉症薬との違い
  • 商品名が違うけど、同じ成分で発売されている商品にはどんなものがあるの?
  • アレグラは子供も飲めるの?

という疑問にもお答えしています!

毎年やってくる花粉症。時季が近づくと憂鬱になりますよね。なるべく効きめのいいお薬が飲みたいけど、眠くなるのは困ってしまいます。

でも、お薬の選び方や飲み始めるタイミングを正しく理解すると、眠気は少なく、しっかりよく効くお薬が見つかるということは意外と知られていません。

この記事に書いている「アレグラFX」の特徴や飲み方のコツを読んでいただければ、花粉シーズンを楽に乗り切ることができます。
結論を先にいってしまうと、第2世代の抗ヒスタミン薬という種類の花粉症薬を選ぶことが必要になります。

それでは、「アレグラFX」について、これから詳しくお伝えをしていきますね。

目次

アレグラFXは「眠くなりにくい」アレルギー専用鼻炎薬

アレグラFXは「眠くなりにくい」アレルギー専用鼻炎薬で、花粉症や蕁麻疹などのアレルギー症状を引き起こす原因となる、ヒスタミンという体内物質の働きをブロックしてくれる『 抗ヒスタミン薬 』というカテゴリーのお薬です。

しかし、抗ヒスタミン薬はアレルギー反応を抑えて症状を楽にしてくれる反面、副作用として「眠気が出やすい」ということがデメリットでしたが、このアレグラFXの成分であるフェキソフェナジンは副作用の眠気がとても出にくいタイプの抗ヒスタミン薬なのです。

市販薬のアレグラFXと医療用処方薬のアレグラ錠60mgは同じ成分フェキソフェナジンが60mg配合されているので、毎年花粉症の時期になると病院でアレグラ錠を処方してもらっている方で、受診する時間がなかったり、受診する前に花粉が大量に飛散を始めてしまって症状が出始めてしまったような場合は、市販のアレグラFXを服用すれば同じ効果が得られます。

「しっかり効く」のに「眠くならない」ヒミツ

つらいくしゃみ

アレグラFXは、どうしてしっかり効くのに、眠くなりにくいの?それにはヒミツがあった!

しっかり効くヒミツ

アレグラFXは鼻炎症状を鎮めるだけでなく、悪化させない第2世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれる鼻炎薬です。

  1. アレルギー誘発物質の放出を抑える「抗アレルギー作用」
  2. 出てしまった鼻炎症状を抑える「抗ヒスタミン作用」
  3. 鼻炎症状の悪化を防ぐ「抗炎症作用」

の、3つの作用を併せ持つ新しいタイプの抗ヒスタミン薬なので、鼻炎症状にしっかり効くのです

眠くならないヒミツ

アレグラFXの眠くならないヒミツ。
それは、第2世代の抗ヒスタミン薬は鼻にはしっかり効いて脳には入りにくいという特性があるからです。

ヒスタミンは、鼻と脳ではそれぞれ違った作用をします

ヒスタミンが受容体に作用くしゃみ・鼻水・鼻づまり覚醒・学習・記憶・認知機能
抗ヒスタミン薬で作用を抑制くしゃみ・鼻水・鼻詰まり症状の改善集中力・判断力・作業能率の低下

上の表の通り、
抗ヒスタミン薬が鼻にしっかり効く=くしゃみ、鼻水、鼻づまり症状の改善
抗ヒスタミン薬が脳には入りにくい=集中力、判断力の低下を起こさない=眠くなりにくい
という仕組みです

1日2回で24時間しっかり効く

1日1回タイプが多い中、アレグラは1日2回服用タイプです。

飲み忘れが多かったり、仕事や外出で1日2回飲むことができない場合は1日1回タイプを選ぶと良いでしょう。

しかし、花粉症のピークは1日に2回あります

1日2回の花粉のピーク

引用元:SANOFI-HISAMITSUアレグラFX公式サイトより
  1. 午前中に郊外、住宅地、都市部へと飛散
  2. 午後いったん落ち着いて、日没前後(夕方)に再び多くなる

夕方に再び花粉量が多くなる理由は、気温の低下による空気の対流で、上空の花粉が地上に落ちたり、落ちていた花粉が再び舞い上がるためです。

1日2回飲むことで、午前中や日中だけでなく、夕方の花粉の飛散のピークにもしっかり対応できるので症状が毎年ひどい方は1日2回のアレグラは最適といえるでしょう。

よくある疑問とその答え

目の痒みにも効くの?

市販のアレグラFXも目の痒みや皮膚の痒みにも効きます
お薬の説明書きに鼻炎症状の記載しかないのはメーカーが鼻炎用の薬として申請しているから、鼻炎の効能しか書けないのですが、薬の成分のフェキソフェナジンそのものは痒みにも効果はあります。

皮膚の痒みの場合、自己判断で漫然とお薬を服用するべきではないので、きちんと医師の診察を受けながら適切なお薬を使用しなくてはなりません。
そういった意味でも皮膚の痒みの薬としての申請をしていないのでしょう。

スギ花粉以外にも効くの?

「アレグラFX」は、花粉、ハウスダストなどを原因とするアレルギー性鼻炎の症状に有効です。

春のスギやヒノキ。秋のブタクサ、ヨモギなどイネ科の花粉症などにも効果があります。

一緒に使えない薬はある?

まず、花粉症の症状に使用する点鼻薬や点眼薬であれば一緒に使用しても問題はありません。

また、ロキソニンなどの鎮痛剤等も問題はないので、症状があれば服用しても大丈夫ですが、鎮痛剤の中に眠くなるタイプのものがあるので眠くなるのが困る方は注意が必要です。医師や薬剤師に相談してください。

水酸化アルミニウムと水酸化マグネシウムの両成分を含有する制酸剤、例えばマーロックス懸濁用配合顆粒という胃薬は、アレグラの効果が低下してしまうので併用は避けましょう。
それ以外の胃腸薬でしたら問題ありません。

アレルギー性鼻炎の薬は、病院では皮膚科や呼吸器科など他の疾患でも使用されることがあります。
安心して服用するためにも自己判断で服用せず、まずは医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

効果的に服用するポイント

アレグラの飲み始め時期

引用元:SANOFI-HISAMITSUアレグラFX公式サイトより

空腹時に飲むのが効果的

空腹時と食後(高脂肪食)に服用した時の、体の中の濃度を調べると食後に服用した時の方が15%ほど低下していたというデータがあります。

「空腹でも飲める」というよりも、むしろ空腹で服用した方が効きは良いということですね。
だた、胃が弱い方は負担がかからないように食後に服用することをおすすめします。

ムズムズ感じた時が飲み始めのタイミング

「アレグラFX」は、出てしまったアレルギー症状を鎮めるだけでなく、症状を引き起こす物質が体内に放出されないよう、元から抑える働きをあわせ持っています。

毎年1月頃になると花粉飛散予測日というものが出ます。
大量飛散が始まる前の早いうちから服用を始めることが、つらいシーズンを乗り切るためのポイントです。

飛散予測日より前でも、鼻がムズムズ感じたらその日から服用を始めましょう。
また、「全然症状がないから今年は大丈夫かな」と思わず、遅くとも飛散予測日からは服用を始めることをおすすめします。花粉症に「今年は大丈夫」はありません。

アレグラFXを選んだ方がいい人

1日1回タイプだと効き目が切れてしまう人

「アレグラFX」は1日2回の服用です。
朝飲んで、夕方効きめが切れて来たらもう一度飲めるので1日中ずっと効果が持続します。

眠くなるのが困る人

「アレグラFX」は眠くなりにくいのが特徴の鼻炎薬。
学校や塾の授業中や、仕事の会議中など眠くなっては困るという人には特におすすめです。

食事の時間が不規則な人

「アレグラFX」は空腹時に服用できます。
朝食を摂らない人や、仕事で食事の時間が不規則になってしまうという人は、起床した時に1回と8時間くらい間隔をあけて気がついた時にもう1回と食事に関係なく服用できます。

アレグラFXを服用した人の口コミ

気になる口コミ

オレンジ726さん 50代  女性購入者  5

今回、スーパーセール中なので購入しました。
眠くならないし、のどもかわかないので、私も家族も、今の花粉の季節にはとても助かっています。
初めは効いてないように思えるのですが、快適で、夜、鼻水が出たり目がかゆくなって、やっぱり効いていたんだ~と実感します。
成人は1回1錠、1日2回服用ですが、私は朝1錠だけです。
1錠が小さいので飲みやすいです。
ネットで買えるのは、本当に助かります。
サンドラッグでは、薬剤師さんがいない時は買えないし、ずっと値段が高いです。
1箱14日分で、このキャンペーンでは、とても安く購入することができました。

引用元:Rakutenみんなのレビューより

購入者さん  5

以前は耳鼻科で処方箋を出してもらっていましたが、通販で買えるようになって有難いです。いくつかのショップの値段を比較して、安かったこちらで購入しました。ごくまれに朝方などにくしゃみと鼻水が出ることがありますが、普段は花粉症ということを忘れて過ごすことができます。

引用元:Rakutenみんなのレビューより

アレグラFXと同じ成分の市販薬

アレルビパッケージ

アレルビ

処方せん医薬品メーカーでもある皇漢堂製薬から発売されており、アレグラFXと同じ成分のフェキソフェナジンを同量60mg配合されています。

価格はアレグラFXに比べてかなりコスパがよくなっているので、イチオシです!

コーミィFXソフト

アレグラFXと同じ成分フェキソフェナジンのソフトカプセルタイプ
中身が液体で吸収が早いから効きめも早い

フェキソフェナジン錠「ST」

アレグラは楕円形の長細い錠剤に対して、飲みやすい小粒の糖衣錠になっています。
大きい錠剤やカプセルが苦手な人でも楽々ですね。

アレグラFXジュニア

アレグラFXの小中学生(7歳から14歳まで)のためのアレグラFXです。

第1類医薬品になったので、ネット通販での購入も可能になりました。

 [rakuten id=”drugstore-pony:10576819″ kw=”【第1類医薬品】アレグラFXジュニア 16錠”]

アレグラFXのまとめ

まとめ-2
おさらい
  • 朝服用して、夕方にもう一度ピークを感じてしまう人に最適な1日2回服用タイプ。
  • 学校や塾、会社などで眠気が出ると困る人に、眠気が出にくい第二世代の抗ヒスタミン薬。
  • 医療用のアレグラ錠と市販薬のアレグラFXは、同じ成分フェキソフェナジンが同量60mg含まれている。
  • 食事の時間に合わせて服用する必要がないから、気がついた時にすぐ服用できる。
  • アレグラFXと同成分の薬が多数メーカーからも発売されており、価格にも差がある。

アレグラFXは1日に2回ある花粉症症状のピークに合わせて、1日2回服用できるので24時間ずっと症状を抑えてくれるので人気も効果も上位の花粉症薬です。

24時間効果が持続し、副作用である眠気も少ないアレグラFXで花粉症シーズンを乗り切りましょう!

花粉シーズンは外に布団が干せませんよね
そんな季節は布団クリーナーでスッキリしましょう。レイコップProがおすすめ⬇️️️️️️️⬇

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる