シミ・そばかすに効く市販薬 シミを薄くする効果がある成分って?

疑問

シミやそばかすの薬って何が違って、どれを選べばいいの?

そんな疑問を解決できる記事を書きました。

結論から言うと、市販のシミ対策のお薬の選び方は実に単純です。

それは僕が薬剤師で、調剤薬局とドラッグストアの両方に勤務経験があり同じような悩みを持つ方と多く接していてお薬の相談を受けているからこそお話できるのです。

これから比較する内容について理解すれば、自身の好みにあったものをすぐに選ぶことができるはずです。

  

目次

シミには種類がある

シミとは、皮膚内で作られたメラニンという茶色い色素が肌に沈着したもので、原因や特徴の違いで大きく4つに分類されます。

シミの種類特徴原因対策
日光性黒子にっこうせいこくし一般的なシミ長年の紫外線によるダメージの蓄積肌代謝の促進と抗酸化
雀卵斑じゃくらんはんソバカス遺伝的な要因で発生するシミ
小さい頃からあり
家族にもある
ターンオーバー促進
黒色メラニンの排出
炎症後色素沈着肌の炎症後ニキビなど、肌の炎症が治まって
赤みがひいた後にシミがあらわれる
ターンオーバー促進
黒色メラニンの排出
肝斑かんぱん頬骨左右対称に女性ホルモンバランスが崩れがち
な30代から50歳位の女性に多い
ホルモンバランスを整える

シミを薄くするためには

黒色メラニンの生成をおさえる

シミやそばかすは、紫外線により肌の中の黒色メラニンが過剰に作られることが原因です。

紫外線を肌に当たる時間と機会を減らすことが大切です。

 

ターンオーバーの機能を高める

紫外線などにより肌がダメージを受けると、肌のターンオーバーのサイクルが乱れます。

その結果、過剰にできてしまった黒色メラニンが肌の中に長く留まって色素沈着につながるのです。

肌のターンオーバーのサイクルを正常化することで、黒色メラニンの代謝が促され早くシミが薄くなることにつながります。

 

黒色メラニンの酸化をおさえる

メラニンには酸化型の黒色メラニンと、還元型の無色のメラニンがあります。

酸化型の黒色メラニンが肌に沈着することでシミができるので、メラニンを酸化させないことがシミを作らないことには重要なのです。

  

シミ・そばかすに効果がある成分

ビタミンc

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの合成や、美肌・美白に必要なビタミンであることは有名ですね。

ビタミンCは自分自身が酸化されようとする能力が、ほかのだれよりも強い成分です。

そのためメラニンが酸化に使おうとした酸素を、ビタミンCが奪ってくれるために、黒色メラニンになることを防いでくれます

それだけではなく、すでに沈着した黒色メラニンからも酸素を奪い、無色の還元型メラニンに変えるため次第に色が薄くなっていくのです。

「お前のものはオレのもの、オレのものはオレのもの」ということですね。

 

L- システイン

黒色メラニンは、チロシンというアミノ酸から生成されます。

L-システインはビタミンCと手を組み、チロシンから黒色メラニンに合成されることを邪魔します。さらにすでに生成された黒色メラニンを還元し、無色化にも働きかけるためシミが薄くなるのです。

また、L-システイン自身は肌代謝(ターンオーバー)を正常化するはたらきがあるので、メラニンが沈着した角質をスムーズにはがしメラニンを体の外へと排出する働きを助けます。

 

その他 ビタミン

ビタミンB2、B6は、にきびや肌荒れにも有効なビタミン。

肌の新陳代謝を正常に保つ働きがあるため、ターンオーバーの正常化をサポートします。

皮膚の炎症によるダメージからの回復を助けるので、にきびや湿疹によってできた炎症後色素沈着に効果があります

ビタミンDは、皮膚の酸化を防いだり血行を良くしたりするビタミンです。

ビタミンCと一緒に摂ることで、より高い効果が期待できます。

肝斑に効果がある成分

トラネキサム酸

肝斑に対する薬効が認められているのは、市販薬のトラネキサム酸だけです。

ちなみに、保険薬のトラネキサム酸には肝斑の適応はありません。

肝斑を見分けることは非常に難しく、間違った治療を行うと悪化する場合もあるので注意が必要です。

市販薬での購入も可能ですが、高価ということもあるので、まずは専門の医療機関を受診して相談することをおススメします。

隠れた病気の可能性も

  • 日光に当たらない部位にシミがある
  • シミの中にただれができる
  • 徐々に盛り上がってきた
  • 短期間で大きくなった

 

このような症状がある場合は、シミではない可能性も考えられるので皮膚科に受診することをお勧めします。

予防には

シミを作らないためには、スキンケアや紫外線対策はもちろんですが、肌によい栄養分を含んだ食事をバランスよく取ることも大切です。

特にビタミンCやビタミンEは食事から十分摂取が可能なので積極的に摂ることを心がけましょう。

ビタミンC・ビタミンEを多く含む食品

vitaminC-E

引用元:くすりと健康の情報局

ハイチオールとトランシーノの比較

トランシーノホワイトCクリア1日配合量
1回2錠 1日2回1日4錠
ビタミンC1000mg
L -システイン160mg
ビタミンB26mg
ビタミンE50mg
トランシーノホワイトC

 

ハイチオールCホワイティア1日配合量
1回2錠 1日2回1日4錠
ビタミン C500mg
L -システイン240mg
ビタミンB2
ビタミンE
ハイチオールCホワイティア

 

    トランシーノII    1日配合量
1回2錠 1日2回1日4錠
トラネキサム酸750mg
ビタミンC450mg
L -システイン360mg
ビタミンB2
ビタミンE
トランシーノII

L -システイン量はハイチオールCの方が多いが、ビタミンC量から判断するとトランシーノの方がより美白効果は高いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

まとめ-2

シミ、そばかすについて効果的なお薬についてよく理解できたでしょうか。

おさらい
  • シミと言っても、種類が4つある
  • 薄くするには、①紫外線を避ける②排出を早める③メラニンを作らせない
  • 効果があるのはビタミンCとL-システイン
  • 肝斑の判断は難しい
  • トランシーノホワイトC のビタミンCは1000mg配合

ビタミンC1,000mgに加えL-システイン最大量240mg配合

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる