【 発毛剤 】市販で買える!発毛成分はミノキシジル一択

疑問
  • たくさん種類があるからどれがいいか分からない
  • どれくらい続ければいいの?
  • 女性でも使えるの?

そんな疑問を解決できる記事を書きました。

結論から言うと、市販の発毛剤はミノキシジルという成分で一択です。女性専用に作ったものも、もちろんあります。

それは僕が薬剤師で、調剤薬局とドラッグストアの両方に勤務経験があり同じような悩みを持つ方と多く接していてお薬の相談を受けているからこそお話できるのです。

これから比較する内容について理解すれば、自身の好みにあったものをすぐに選ぶことができるはずです。

目次

初の発毛剤として発売

頭頂隠し

1999年。初の発毛剤としてリアップが発売されました。

それまでは、頭皮の血行促進などが目的の、髪の毛を育てて抜け毛を減らす「育毛剤」しか市場にはありませんでした。

しかし、髪の毛を生やす「発毛」を唱ったリアップの発売が決まった時は、販売前から反響が大きかったため先行予約販売のみに制限されましたし、販売初日は購入希望者がオープン前に店舗前に並んだほどだったので、当時ではものすごい衝撃だったのです。

なにを隠そう、僕の父も発売当初からしばらく使っていました。

細く弱くなってきた頭髪が、腰のある強めの髪の毛に変わってきたので効果が出ていたんだなと記憶しています。

売れ筋商品を比較

リアップx5プラス ネオ

【 リアップX5プラス ネオ 】

発毛成分のミノキシジルを5%配合しています。

初期発売のリアップは1%であり、5%の方が効果が高いことは説明するまでもありません。

他にも以下の発毛効果を助ける成分が配合されています。

その他の有効成分
  • ピリドキシン塩酸塩:過剰な皮脂の分泌を抑制します。
  • トコフェロール酢酸エステイル:頭皮の血行を促進します。
  • l-メントール:頭皮に清涼感を与えます。

1日2回 1回1mlを頭皮に使用するので、1本で約1ヶ月分です。

 

スカルプD メディカルミノキ5

【 スカルプD メディカルミノキ5 】

純粋にミノキシジル5%配合

リアップとの違いは、l -メントールが含まれないため清涼感がありません。逆にグリセリン配合なのでしっとりとした使用感がこだわりです。

さらに酸化防止剤を使用していないので、総合的に考え皮膚の弱い方にも安心して使えると言えるでしょう。

 

リグロEX5

【 リグロEX5 】

他メーカーと同じく国内最大容量のミノキシジル5%を配合

やわらかなノズルヘッドが特徴。頭皮にトントンとやさしく接触させることができます。

リアップと同じ、l -メントールによりスーッとした清涼感あり。

 

リアップリジェンヌ

【 リアップリジェンヌ 】

リアップx5プラス を元に女性のための独自処方を開発しました。

頭髪密度を高める効果はしっかり実証されています。

男性用との違いは、皮脂の分泌抑制のためのピリドキシン塩酸塩の代わりに、肌の保湿やアンチエイジング効果があるパントテニールエチルエーテルを配合した女性専用処方です。

 

スカルプD ボーテ エストロジー

スカルプDボーテ

女性の薄毛、頭頂部の心配やボリューム感の減少などに効果があります。

女性ホルモンの「エチルエストラジオール」配合により、強く抜けにくい髪へ育てます。

ミノキシジルを含まないため、医薬部外品のカテゴリー。

スカルプD・スカルプDボーテシャンプー  【アンファー公式】

ミクロゲン・パスタ(番外編)

【 ミクロゲン・パスタ 】

頭皮のヘアサイクルを短くし、抜け毛・薄毛の原因である男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは、頭髪以外の部位(眉毛や髭などの体毛)の毛は濃くする作用があります。

その作用を逆手にとり男性ホルモンを主成分とすることで、まゆ毛・ヒゲ・胸毛・腋毛・性毛など,頭髪以外の部分に生えるべき硬毛の生育促進に効果があります。

まとめ

まとめ-2

生やす成分ミノキシジルは1%のリアップが先発で発売されました。

20年経った現在、5%濃度となり複数メーカーから発売されるようになりました。

使用にあたり、最低でも4ヶ月間の継続使用をすることで効果の有無を判断しましょう。

おさらい
  • 薄毛の原因は男性ホルモンによるヘアサイクルの短縮により、太く長く成長する前に抜けてしまうことにある。
  • 抜け毛予防には、早い時期からのセルフケアが重要
  • 短期間の使用だけで諦めない!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる